福利厚生にオフィスコーヒーを導入する6つのメリット!種類や注意点も解説

オフィスの福利厚生としてコーヒーを導入してみたい、と検討中の担当者の方もいるでしょう。せっかく福利厚生を導入するのなら、従業員の満足度を高め、効果の高いものを選びたいものです。

そこでこの記事では、オフィスの福利厚生にコーヒーを検討中の方に向け、以下の内容を解説します。

  • コーヒーを置くメリット・デメリット
  • 導入する手段
  • コーヒーメーカーの種類
  • 導入の注意点

この記事を読めば、コーヒーを導入すべきか判断でき、具体的な手段まで検討できます。福利厚生を検討するために、ぜひご覧ください。

 

オフィスの福利厚生にコーヒーを置く6つのメリット

オフィスでコーヒーを無料で提供することは、社員の士気向上に役立ちますし、福利厚生としての小さな投資で大きなリターンが期待できます。仕事の合間に一息つく時間は、労働効率を改善するための大切なものであり、コーヒーはその一助となることでしょう。

ここでは、具体的なメリットを6つ紹介します。

  1. リフレッシュのきっかけができる
  2. コミュニケーションの場が作れる
  3. 新しいアイデアが想像しやすくなる
  4. 集中力アップできる
  5. コストが少なく導入できる
  6. 従業員満足につながる

それぞれ具体的に解説していくので、ぜひご覧ください。

リフレッシュのきっかけができる

仕事で疲弊しているとき、一杯のコーヒーが提供するリフレッシュの機会は、思わぬパフォーマンス向上につながります

カフェインによる穏やかな覚醒効果を得ることで、仕事への集中力を取り戻し、疲れを感じにくくなるのがメリット。短い休憩がもたらす心理的な恩恵も見逃せません。

コーヒーブレイクはリラックスを促し、気分転換になります。コーヒーの香りには、リラックスした時にでるα派を出現させる効果も。

続けて仕事をするよりも短期間に集中する方が生産性が高まるという研究もあり、定期的な休息が重要であることもわかります。

コミュニケーションの場が作れる

コーヒーマシンの周辺に人が集まることで、社員間のコミュニケーションを促進する場となります。

異なる部署の人々が交流し、社内の情報共有を行いやすくするのがメリットです。コーヒーブレイク中のカジュアルな対話は、社内の壁を取り除き、新しい関係を築く機会を作り出し、組織全体の連携を強化します。このような交流は仕事上の協力や部署を超えたチームワークを醸成する上でも欠かせない要素です。

新しいアイデアが想像しやすくなる

コーヒーに含まれるカフェインは認知機能を刺激し、クリエイティビティを高めると言われています。脳が活性化されることで、問題解決に向けた新たなアプローチが浮かびやすくなりますし、革新的なアイデアが生まれるかもしれません。

コーヒーブレイクは、創造性を刺激する環境を作り出し、思索深い議論を生むきっかけにもなりえます。

集中力アップできる

コーヒーに含まれるカフェインは注意力を高め、集中して作業を行うためのサポートになりえます。緻密な仕事を行う場面で効果を発揮し、ミスを減らしたり、作業効率を向上したりできるでしょう。

集中力が向上すれば作業の質が改善されるだけでなく、成果物の精度も高まるため、企業全体のパフォーマンスが高まります。

コストが少なく導入できる

コーヒーサービスは、比較的リーズナブルな福利厚生として導入しやすい点も嬉しいポイントです。全員が毎日使える福利厚生を少額の費用で導入できるので、費用対効果が高いと言えるでしょう。

少ない費用で取り入れられる福利厚生を探している企業にとって、良い選択肢の1つになります。

従業員満足の向上につながる

社員が働きやすい環境を提供することは、職場満足度の向上に直結します。高品質のコーヒーは、会社が社員のことを考えてくれていると感じさせ、職場への満足感を高めます。

居心地の良い環境を作れれば、離職率の低下にも寄与するでしょう。

来客対応にも使える

オフィス内でのコーヒーサービスは、来客への応対にも利用できますおもてなしの一環として高品質なコーヒーを提供することで、会社の印象をより良いものにすることができます。

来客が心地よい時間を過ごせるようになり、会話のきっかけにもなるかもしれません。

オフィスコーヒーを福利厚生に導入するデメリット

オフィスでのコーヒーサービスが多くの利点を持つ一方で、注意すべきデメリットが2つあります。

  • 費用がかかる
  • 臭いが気になる人や飲めない人もいる

コーヒーサービスがすべての環境に適しているわけではありません。デメリットを把握した上で、導入すべきか判断しましょう。

費用がかかる

コーヒーマシンを購入する場合、初期費用がかかります。業務用のコーヒーメーカーの相場は5万円ほどです。高機能なマシンの場合、10万円を超えるものもあります。

また、定期的なコーヒーサービスを提供すると、ランニングコストが発生します。コーヒー豆や紙コップ、クリームや砂糖などの消耗品費用が継続的にかかり、その全てが会社の経費となるため、事前に計算しておきましょう。

また、定期的なメンテナンスや機器の更新費用も見逃せません。

臭いが気になる人や飲めない人がいる

オフィス内でコーヒーを提供する際には、臭いに敏感な人やコーヒーが苦手な人への配慮も必要です。コーヒーの香りが強く、仕事に支障をきたす場合もあります。カフェインを含む飲料が苦手な方や、妊娠中などで飲めない方もいるでしょう。

全ての人に合う福利厚生ではないため、利用者が少なくなる場合は代替案を用意するべきかもしれません。

オフィスの福利厚生にコーヒーを導入する方法

快適なカフェ環境をオフィス内で実現するには、具体的な導入方法を検討する必要があるでしょう。具体的には以下の3つの方法があります。

  • マシンをレンタルする
  • マシンを購入する
  • コーヒー用自動販売機を設置する

それぞれのメリットとデメリットを考えつつ、最適な導入方法を探ってみてください。

マシンをレンタルする

コーヒーマシンのレンタルは、初期投資を抑えたい企業に適しています。月額料金でコーヒーマシンを設置でき、保守メンテナンスもレンタル会社が担ってくれるため安心です。

ただし、レンタル契約には期間があり、一定期間内では解約や変更が難しい場合も。また、豆の仕入れは別途管理が必要であり、コストパフォーマンスを事前に把握しておくことが大事です。

使用量が予測できる場合や、トライアルとしての導入には最適ですが、長期間では購入に比べコストがかさむ可能性もあります。

マシンを購入する

機械を購入する場合、初期投資は大きいものの、長期的に見ればコストの節約が見込めます。レンタルと違い、購入することで手間がかかるメンテナンスや豆の補充を自由に計画できる点がメリットです。

また、マシンの種類や機能を自社のニーズに完全に合わせることができるため、使用する社員にとっても満足度の高い環境を提供できます。ただし、故障時の対応や維持費用は自己負担となるため、その点を踏まえた予算計画が求められます。

コーヒー用自動販売機を設置する

自動販売機は、簡単にコーヒーを提供できるため手軽に導入できる方法です。ボタンを押すだけでコーヒーを抽出できるため、飲むまでの手間がかかりません。

設置すれば社内で気軽にコーヒーが楽しめるようになり、社員の満足度向上が見込まれます。しかし、自動販売機の設置には場所をとること、運営管理が必要であることを考慮する必要があります。また、利用する社員からの料金徴収をどうするか、無料で提供するかも検討しておきましょう。

オフィスに導入できるコーヒーメーカーの種類

オフィス用のコーヒーメーカーには、さまざまな種類があります。一杯ずつ丁寧に抽出するタイプ、多人数への応用が効くブリューワー型など、オフィスの人数や好みに合わせた選択が可能です。

ここではそれぞれの特徴にフォーカスし、どういった環境で活躍するかについて解説します。

一杯抽出型

一杯抽出型コーヒーメーカーは、カプセルやパックを利用し、手軽に一人前を美味しく抽出できる機械です。多様なフレーバーや強さを手軽に選ぶことができるため、社員一人ひとりの好みに合わせたコーヒーが楽しめるでしょう。

手間がかからず速やかにコーヒーを提供できるため、休憩時間などでも気軽に使用できます。ただし、カプセルやパッドのコスト、廃棄物への配慮が必要であり、大人数が利用する場合には時間がかかる可能性があります。

ブリューワー型

ブリューワー型コーヒーメーカーは、多量のコーヒーを一度に抽出でき、大人数が同時にコーヒーを楽しむ環境に適しています保温機能付きの機種を選べば抽出後も温かい状態を維持できるため、同時にコーヒーを飲まなくても美味しく楽しめます。

ただし、豆の種類を一人ひとりの好みに合わせて選べない点がデメリットです。

オフィスの福利厚生にコーヒーを導入する際の注意点

オフィスの福利厚生としてコーヒーを導入する前に知っておくべき注意点を解説します。

  • 利用率を調べておく
  • 設置場所を確保する
  • メンテナンス方法を確認する

オフィスの福利厚生としてコーヒーサービスが効率的に機能し、社員にとって有益な存在となるよう、事前に確認しておきましょう。

利用率を調べておく

多くの従業員が利用してくれるかどうか、事前に確認しておきましょう。

必要な人が少ない場合、予想より満足度が低くなってしまいます。逆に、想定より多く利用された場合、ランニングコストが高くなります。

どの程度の社員がコーヒーを飲むのか、1日にどれくらいの量が必要になるかを調査しておきましょう。アンケート調査やレンタルマシンを使ったテスト導入によりデータを収集し、コーヒーマシンの規模や購入する豆の量を決定するのがおすすめです。

設置場所を確保する

コーヒーマシンや自動販売機を導入する際は、適切な設置場所を確保することが必要です。電源や水道の確保が必要なほか、安全面や利便性も考慮する必要があるでしょう。

また、コーヒーを楽しむためのスペースを確保して、社員同士のコミュニケーションの場としても機能させると効果が高まります。周囲の動線を考慮し、誰もがアクセスしやすい場所を選び、快適なコーヒーブレイクの環境を整えることが大切です。

メンテナンス方法を確認する

コーヒーマシンを導入する場合、お手入れが容易なものが便利です。掃除を怠ってしまうとカビが生え、不衛生になってしまいます。また、そもそも片付けが面倒で利用者が減る恐れもあります。

簡単に誰でもメンテナンスができる機種を選ぶのがおすすめです。

福利厚生の飲み物にはoffice tea garden

福利厚生に飲み物を導入するなら、本格的な紅茶やハーブティーも同時に検討するのはいかがでしょうか?office tea gardenでは、「オフィスワーカーの心身を整える」をコンセプトに開発された、オリジナルティーセットを提供しています。

コーヒーも1種類含まれているため、より広いニーズに対応できます。自然に近い成分でパフォーマンス発揮するための、こだわりのブレンドを30種類以上ご用意しました。

  • リフレッシュしたい
  • やる気をアップしたい
  • 一休みしたい

などの、様々な気分に応じて、従業員の皆さまを応援・サポートします。これだけ多様なカテゴリーの本格的なお茶を用意しているサービスは他にはないため、満足度が高まるでしょう。女性のお悩みをコンセプトにしたブレンドもあるので、働きやすい環境づくりをしているイメージにもつながります。

ティーパックタイプのため、誰でも簡単に利用でき、お手入れがいらない点もメリットです。

全国の人気カフェ・レストランのティー開発に20年以上携わってきたブレンダーが手掛ける完全オリジナルのブレンドが、月額8,078円(税込)で楽しめます。

気になる方向けに10種類のオリジナルティーが無料で試せるサンプルをお送りしていますので、ぜひお申し込みください。

オリジナルティーのサンプルを貰う

関連記事

  1. ゴールデンウィークの夕方桜

    とても些細なものごと

  2. 【プロが解説】お茶の卸・OEM先を選ぶポイント!おすすめの業…

  3. 【必見】カフェの売上目安と平均を解説!売上アップの9つの方法…

  4. 紅茶 蒸らし時間

    【プロが解説】紅茶の蒸らし時間の目安は?ホットとアイスでは変…

  5. 1人でカフェ経営をするのは難しい!?ワンオペオーナーの現実と…

  6. 【プロ向け解説】今さら聞けないアッサムティーについて。弱点に…

業務用商品

オーガニック 日本茶 紅茶 ハーブ スプレードライ 中国茶 アイス カップ ポット
2024年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2
3

定休日

  1. 2023.12.30

    福利厚生でオフィスに飲み物を!メリットや方法・注意点を解…

  2. 2023.12.30

    福利厚生にオフィスコーヒーを導入する6つのメリット!種類…

  3. 2023.12.19

    信頼できる業者のポイント!

  4. 2023.10.17

    【シーシャの味を再現】オリジナルティー制作事例:ばんびえ…

  5. 2023.08.22

    価格改定のお知らせ。

既にお取引のあるお客様へ

五十嵐社長

*発送スケジュールほか注意点*

既に葉楽とお取引のあるお客様向けのページです。

発送のスケジュールや、送料など日々の業務で必要な情報を集めましたのでぜひ御覧ください。

お取引がはじめてのお客様へ①

紅茶
*葉楽の目指す方向性*

葉楽とのお取引の前に、はじめに知っておいていただけると嬉しいです。

お取引がはじめてのお客様へ②

業務用紅茶卸・ハーブ卸について
*葉楽の業務用紅茶、業務用ハーブティーについて*

葉楽の商品がどのように作成されているのか、ご参考になれば幸いです。

【オススメ】ピュアブルーマジックティー

ピュアブルーマジックティー