とても些細なものごと

ゴールデンウィークの夕方桜
 

GW帰省中、車を運転中にふとした景色を目を奪われました。

夕暮時の逆光に映る木々の枝の影が白い。

おや? なぜ黒くないんだろう?

自分の予測と違う景色の違和感。

よく見ると桜の花が薄いピンクなので、影になっても白く見えただけでした。

(北東北の桜のシーズンはGW)
ゴールデンウィーク 夕方の一本の桜

もっとよく見たかったのですが、残念ながら同乗者がいた為に車を止めず家までいきました。
でも、きちんと見たくなり、家から近かった事もあり、すぐ1人でその現場まで走って行きました。

陽が落ちるより早くつきたいと願いながら、、。

 
何とかたどり着き、そのあたりの写真を撮りました。
ですが、自分が先程見た景色は撮れません。
 

そもそもその景色は、自分の脳内で再構成されたイメージという可能性も十分あります。

その時、ふと思ったことです。

誰にも見せず、
誰にも知らせず、

自分だけの頭のなかにのみ存在する映像と、その時の気持ち。

ただの勘違いで、しかも全然たいした事がなく話のネタにならないような物事。
こんなささいなものを大切にしていければ、
このようなものが多ければ多いほど、

豊かな人生になるのではないか。

そう感じている自分は少し変なのかもしれませんが、
この事に全く共感を必要としてないところが、
不思議にとても気持ちいいのです。

関連記事

  1. 紅茶

    葉楽の業務用紅茶・ハーブ卸を通して目指す方向性

  2. アールグレイ

    アールグレイは嫌い!?