【シーシャの味を再現】オリジナルティー制作事例:ばんびえん様にてダブルアップルティーを販売

2023年10月、シーシャ(水タバコ)のお店、ばんびえん様およびTokyo Shisha様にて、弊社のオリジナルティー「ダブルアップルティー」を発売することとなりました。

今回は、取材形式でダブルアップルティーの開発秘話をお話ししていきます。ダブルアップルティーを飲んでくださった方はもちろん、OEM生産を考えている方もぜひ、ご覧ください。

水タバコの味を紅茶で再現する?異例の開発スタート

ー今回は、シーシャ(水タバコ)特有の味を再現するというまったく新しい取り組みだったと思います。開発に抵抗はありませんでしたか?

正直なところ、今まで数多くの開発に携わっており、経験値も場数も踏んでいたので自信はありました。確かに今までにないタイプのご依頼でしたが、できないことはないだろうと思っていたんですよね。

だから、初回の試作で「これじゃない」と言われた時は、すごく衝撃を受けて焦ったというのが正直な感想です。そこで、難しさに直面しましたね。

 

ー確かに、初回の試作をいただいた時「紅茶としてはかなり美味しいけれど、求めているシーシャの味とは異なるので、美味しくなくても味を近づけてほしい」というお願いをしましたね。(笑)

そこで、そもそもスタートのポイントがずれていることに気づきました。普段のご依頼では、尖ったものをお出ししても、最終的に美味しいと言われるものが喜ばれてきていたんです。だから、無意識に万人受けするものを作ってしまったなと反省しました。

初回の試作に対する感想をいただいた時に心の牙が研ぎ澄まされて、振り切ったものを作ろうと思いました。

 

試作再トライ!シーシャを実際に吸って味の調整

ー無茶なお願いをしているのではないかと感じてはいたので、「再トライします」と前向きな回答をすぐにいただけたことに感動しました。あの時はどのような気持ちでしたか?

自信があった試作にも関わらず、方向性を外してしまったので、悔しさもありました。一方で、いただいたフィードバックが的確だったので、あとは試していくだけだなと思ってもいましたね。

 

ーもう一つ感動したのが、シーシャを吸いにきてくれたことです。最初は香りのサンプルとしてシーシャの葉っぱをお送りしたのですが、味を試すためにお店にも来てくださいましたよね。
シーシャ未経験にも関わらず、煙を口に入れることに抵抗はなかったですか?

そこは抵抗なかったです。むしろ試してみたい好奇心が強かったので、いい経験ができました。

 

ー味への好奇心が勝つのが、食のプロだなと思います。そして、シーシャを吸っていただいた後の試作がかなり本物に近いレベルだったのに驚かされました。

初回で方向性をすり合わせられたのと、いただいたフィードバックが的確だったのがうまく行った理由です。方向性さえわかればあとは試すだけなので、どんどん作って味を調整していきました。

 

ーダブルアップルティーは、リコリスとアニスをベースにしている点も特徴的だったと思います。改めて、開発してみての感想を教えてください。

リコリスもアニスも癖がつよく、なかなかメインで使うことが少ないので、面白い仕上がりになったと思います。不思議な組み合わせですが、ブレンドすることでそれぞれの良さが際立ち、1+1が3にも4にもなりました。

今回は再現したい味があって、そこに近づけるために工夫したので、完成した時に喜んでいただけたのが何より嬉しかったです。

 

試作回数は数えきれない?オリジナルティー開発の裏側

ーせっかくなので、試作の裏側もお聞きしたいです!具体的にはどのように試作を進めるのですか?

まずは紅茶に使うフレーバーを選んで味の大きな方向性を決めていきます。そこから、グラム単位の調整をして、さらに試していく感じです。

 

ーサンプルを出していただくまでに、試作はどれくらい作るのでしょうか?

方向性を決めるところまでで、10個くらいは当たり前に作ります。そこから調整もするので、結局何種類作っているのかは把握しきれていないです。

試作は本当に楽しくて、もっとこうしたらいいのではないかというアイデアがどんどん湧き出てくるんですよね。気づけば試作で使った洗い物のタワーができている状態で、時間が許せばずっと没頭してしまいます。

ー想像以上に試作されていて驚きました!だからこそ、満足のいく商品が仕上がったんですね。
最終版も本命と保険案を用意してくださいましたが、「迷うことなく本命案!これがベスト!」と保険案を飲む前に決められるクオリティでした。

期待に応えたいという気持ちがあったので、感想をいただいた時は嬉しさとホッとした気持ちが半々だったんです。改めてそう言っていただけるとありがたいです。

 

紅茶のOEM開発は葉楽にお任せください

このように、葉楽では業務用紅茶の卸のほか、お客様の要望に合わせたオリジナルティー開発も承っております。20年以上の経験をもとに、1000種類以上の原料の中から組み合わせを探し、ご希望に合わせた味に仕上げております。

お客様の企業の魅力を訴求できるように、一緒に作り上げていきます。料金やスケジュールに関しては、詳細ページにまとめておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

オリジナルティー開発の詳細を見る

関連記事

  1. 大人気はちみつ紅茶!!実は紅茶以外でも??

  2. 【プロが解説】バタフライピーとマロウブルーの違いは?効能や味…

  3. ダージリンファースト飲み比べ

    今年の春摘みダージリンは!?

  4. ローズヒップハイビスカスティー

    「ローズヒップハイビスカス」のご紹介と注意点!?

業務用商品

オーガニック 日本茶 紅茶 ハーブ スプレードライ 中国茶 アイス カップ ポット
2024年 5月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2

定休日

  1. 2024.05.10

    【プロ直伝】ミルクティに合う紅茶5選!美味しい淹れ方や注…

  2. 2024.05.10

    【プロが解説】紅茶を飲むときの正しいマナーとカップの美し…

  3. 2023.12.30

    福利厚生でオフィスに飲み物を!メリットや方法・注意点を解…

  4. 2023.12.30

    福利厚生にオフィスコーヒーを導入する6つのメリット!種類…

  5. 2023.12.19

    信頼できる業者のポイント!

既にお取引のあるお客様へ

五十嵐社長

*発送スケジュールほか注意点*

既に葉楽とお取引のあるお客様向けのページです。

発送のスケジュールや、送料など日々の業務で必要な情報を集めましたのでぜひ御覧ください。

お取引がはじめてのお客様へ①

紅茶
*葉楽の目指す方向性*

葉楽とのお取引の前に、はじめに知っておいていただけると嬉しいです。

お取引がはじめてのお客様へ②

業務用紅茶卸・ハーブ卸について
*葉楽の業務用紅茶、業務用ハーブティーについて*

葉楽の商品がどのように作成されているのか、ご参考になれば幸いです。

【オススメ】ピュアブルーマジックティー

ピュアブルーマジックティー